2018年7月22日日曜日

Let's not go out! (Too hot outside)

暑い、暑い、暑過ぎる!!最近はだれかと話す時、メールやメッセージを送る時はいつも「暑いね」から始まります。だって、日本は毎日とても暑いんです!!これが異常気象なら今だけだと我慢できますが、これが普通の夏の気候になってしまったら、どうしましょう!?2年後の東京オリンピックはこんな暑さの下では「とても大変」という意見も出ています。

そして、暑さにもレベルがあって、それに合わせて単語も色々あります。
  • 真夏日:最高気温が30度以上の日
  • 猛暑日(もうしょび)、酷暑日(こくしょ):最高気温が35度以上の日
  • 熱帯夜(ねったいや):気温が25度以上の夜
これらの漢字を見るだけで、暑くなってきます。
  • 猛(もう):furious, extreme
  • 酷(こく):cruel, severe
  • 熱帯(ねったい):tropics
ちなみに、最高気温が40度以上の日を表す特別な単語はまだ無いそうですが、今後は必要になりますね。

さて、今日の表現は日本語と英語で言い方が異なる "Let's not" です。"Let's go." は日本語で「行きましょう/行こう」ですが、"Let's not go." は何と言うか考えたことがありませんか?「行きましょう」と「行こう」の否定形 (negative form) は何か考えたことがありませんか?
答えは、「行きましょう」と「行こう」の否定形は無いんです。それで "Let's not go." は日本語で次のように言います。
行くやめよう
「の」=「こと」、「やめる」= "stop" です。そして、「やめる」は他動詞で「Xをやめる」となりますから、"Let's stop going." と言っています。
こんでいるから、この店で食べるやめよう。 
この写真は良くないから、使うやめよう。 
今は「暑いから、出かけるやめよう!」という気分です。日本にいる皆さん、暑さに気をつけてください。難しいですが、Stay cool!



2 件のコメント:

mikade さんのコメント...

I'm lazy and never want to write in Japanese (because my written Japanese is terrible), but let's stop indulging that lazy attitude and write a bit in Japanese!

東京の夏は本当に暑いですね。南アフリカ人ですが、東京に何回行ったことがあります。南アフリカの夏より日本の夏の方が厳しいと思います。どうしてかというと日本の暑さだけではなく、湿度ですね。実は東京に来る前にまぶたが汗を流す出来ることを知りませんでした。(笑)そういえば「猛暑日」と「酷暑日」という言葉も知りませんでした。いつも新しい単語を教えてくれてありがとうございます。

次の面白いポストを楽しみにしています。

Minako Okamoto さんのコメント...

Mikade san, コメントありがとう!Mikadeさんのコメントに気が付かずに、返事が遅くなってすみません。
日本語の文は完璧ですよ。これからも日本語で色々書いてみてください!

私は南アフリカに行ったことがあります。7月だったので、日本の秋のような気候でした。今はもう少し涼しくなったでしょうか?
最近の日本の暑さは「命の危険に関わる暑さ」とニュースで言っています!!初めて聞いた表現です。