2015年6月21日日曜日

「古いさん」はだれ?

6月、雨の季節です。日本は雨が多い国なので、雨の言葉がたくさんあると言われていますが、その一つに「雨男・雨女」があります。
雨男・雨女:その人が出かけたり、何かしようとしたりすると雨降りになると言われる男性・女性
私は「雨女」です。しかも、強力な雨女です。私が旅行をする時はいつも必ず雨が降ります。たいてい初日が雨です。ちょっと思い出してみても、去年の金沢旅行も高知旅行も雨でした。先月のゴールデンウィークの京都も雨が降りました。そして、今月の瀬戸内海の島めぐりの時も冷たいと雨と風に震えていました。。。だから、私はもう驚きませんが、私と一緒に旅をする相手は気の毒ですね。

さて、今日は "old: having lived a long time" について考えてみます。みなさんも知っている通り、"old: having been in existence or use for a long time" は「古い」ですね。そして、「古い」の反意語は「新しい」 (new) だけで、「若い」 (young) は反意語ではありません。では、"I am old." は日本語では何と言うのでしょうか?

「老人」「年寄り」という単語がありますが、これは英語で "the elderly" "senior citizens" です。「私は老人です。」という言い方はしません。30才の人が "I am old." と言いたい時に、「私は老人です。」と言ったら、変ですよね?
「老人」や「年寄り」は「老人の人口が増えている。」、「お年寄りから戦争の話を聞く。」などのように使います。

では、"I am old." は?
私は若くない。: I am not young.
こういう言い方もよくします。
私はもう若くない。: I am not young any more.
これなら、話し手自身の基準で 「old =若くない」が使えますね。 「若い」は一般的な年齢の定義もありますが、主観的に年齢の幅を表せる単語です。
結局、 "old: having lived a long time" にあたる形容詞は日本語には無いということです。こういう風に私が説明すると、生徒のほとんどが「日本人は本当に丁寧な人たちなんだね。」と言ってくれますが、私は「そうかな?多くの日本人は電車の中でお年寄りが立っていても、席をゆずらないよ。全然、お年寄りに親切じゃないよ。」と答えます。これは言葉の問題ではなく、心の問題ですよね。

おっと、日本語の説明に戻りましょう。
「若くない」の他に、「年をとる」という表現があります。これは "get old" と訳すことができます。
He is too old for you to marry. :あなたと結婚するには、彼は年をとりすぎている。
「彼は若くないから、あなたと結婚できない」という風にも訳せますが、最初の方が自然な言い方だと思います。

 私が今教えているある生徒は「古いさん」という言葉を作りました。彼はこの造語を "old person" の意味で使っています。もちろん彼は「古いさん」は本当の日本語ではないことを知っていて、私はこの単語がかなり好きです。意味を端的に表していて、さらに「さん」を使うことで失礼な感じがありませんね。皆さんはどう思いますか?使ってみますか?



2015年5月21日木曜日

神戸の隣の町、芦屋(あしや)ツアー 【N2の表現とともに】

今月の初めはゴールデン・ウィークでした。私は京都に1日、神戸の近くに2日間行って来ました。京都では少し雨が降りましたが、新緑が雨に濡れて、いっそうきれいでした。

村上春樹(むらかみ はるき)氏がおすすめしていた京都のお寺、毘沙門堂(びしゃもんどう)。


今日のブログでは神戸の近くの町、芦屋のことをN2の表現とともに書いてみます。

日本人にとって、「芦屋」といえば、高級住宅地。芦屋市は山から海にかけて、広がっています。
私たちは車に乗って、まず山の上に向かいました。さすが日本一の高級住宅地だけあって、大きい家が並んでいます。
山を上るにつれて、住宅地が高級になっていきます。最後は有料道路を通ってからでないと、行けない所になります。その地域の住人は毎回出かけるたびに道路の料金を払うんですよ。

最初の目的地は有名建築家、安藤忠雄(あんどう ただお)が設計した家。コンクリートの建物が緑の木々の間に建っています。

元々はファッションデザイナー小篠弘子(こしの ひろこ)の自宅だった。

こんな素敵な家に住んでみたいものだなあ。

ただ、山の上や途中に住むということは、学校に行くにしろ、会社に行くにしろ、帰宅するにしろ、いつでも坂を上り下りしないといけないんですね。大変そうです。

ところで、神戸は港があることから、昔から外国人が多く住んでいた地域です。その影響もあって、近くの芦屋にはフランス風やドイツ風のパン屋やら、レストランやらがたくさんあります。
アメリカの建築家、フランク・ロイド・ライト (Frank Lloyd Wright) もここに家を造りました。日本の家屋のスタイルを残しつつ、彼のスタイルも表現されていて、とても面白い建物です。

高台にあって、海も見える眺めの良い家。元々は酒蔵の当主が住んでいた。

続いて、坂を下りて行くと、駅などがあり、風情のある芦屋川に沿って、さらに行くと、浜に到着します。海が近くなるにしたがって、再開発されたような町が広がり、整然とした場所に大型スーパーやら、ドラッグストアやら、新しい住宅地があります。便利な反面、どこの町にもある個性のない場所です。正直に言って、こういうエリアにはつまらないものがあります

こんなおかしなチャペルもあります。結婚式用のにせものです!

関西に住んでいる方は一度「芦屋ツアー」をしてみたら、いかがですか。楽しいですよ。それができない方にはおすすめの本があります。谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう)の小説、『細雪』(ささめゆき、The Makioka sisters )は芦屋を中心に大阪や神戸、京都などが舞台になっています。この本を読めば、芦屋の雰囲気がわかると思います。また、この小説を基に映画も作られているので、そちらもおすすめです。




2015年4月9日木曜日

Every day is 毎日, but every child is NOT 毎こども

*English translation

東京ではあっという間の桜の時期が終わったかと思ったら、急に寒くなって昨日はみぞれが降りましたね。まったく春らしくないですが、春の天気は不安定なものです。
みなさんは今年の桜を楽しみましたか?

さて、今日のテーマは「毎」と "every"の考察です。「毎日」「毎週」などは簡単で便利な単語なので、日本語の教科書の最初の方に出てきますよね。でも、実は「毎=every 」とは限らないことを知っていますか?上級者の方たちはきっと気が付いているでしょうね。
毎:その時はいつも
every: regular occurrence at specified intervals
「毎=every 」と訳せるのはこの定義が一致する場合のみです。ご存知のように、日 (every day)、朝 (every morning)、年 (every year)、回 (every time) など「時」を表す場合に「毎」を前に付けることができます。他には食 (every meal)、試合 (every match) のように "every time"の意味があれば、「毎」を使えるという訳です。

また、"every five minutes" は「5分毎(ごと)」になります。他の時間の場合も同じようにできます。

では、他の場合は?英語の辞書(Oxford Advanced Learner's Dictionary)の定義と例文を見ながら、考えていきます。
every: refer to groups of three or more which are seen as wholes
「個々の集団を全体として見る」ということなので、 「全て」「全部」「みんな」などの言葉を使うといいと思います。次の例文を訳してみます。(私の訳なので、他の訳し方もあるでしょう。)
  • Every child in the class passed the examination. このクラスの子どもたちはみんな試験に合格した。
  • I've got every record she has ever made.  彼女が今までに作った(出した)レコードを全て持っている。
または、「どの~も」という言い方もできます。
  • クラスのどの子どもたちも試験に合格した。
  • 彼女が出したどのレコードも持っている。/彼女が出したレコードはどれも持っている。

次に "each" の意味と重なる "every" はどうなるでしょうか?
every/each: every person, thing, group etc. considered individually
「二つ以上の物や人の一つ一つ」に焦点を当てる場合は、「それぞれ」や「一~一~」が合うと思います。

  • He enjoyed every minute of his holiday.  彼は休みの一分一分を楽しんだ。 (日本語だと、「一秒一秒」の方が自然です。)
  • They were watching her every movement.  彼たちは彼女の動きを一つ一つ見ていた。
  • Each of us has a company car.  私たちはそれぞれ、会社の車を持っている。
  • He gave us 5 pounds each.  彼は私たち一人一人に5ポンドをくれた。/彼は私たちに5ポンドずつくれた。

毎年春に咲く桜は日本人にとって大切なものです。それはただの花ではなく、時の流れや人生の変化などを強く感じさせるものです。一つ一つの小さな花は人生の一秒一秒にも似ていると私は思います。桜は日本中のどの町にも植えてあるので、どこに住んでいても、日本人は桜とともに成長しているのです。



2015年3月6日金曜日

"I hope" 第二弾

3月です。春めいてきました。春が来るのが嬉しいと感じるのは、冬の寒さがあるからですよね。寒いのは嫌だと思っても、やはり季節の違いをはっきり感じられるのは素敵なことです。長年シンガポールに住んでいた友人が日本に引っ越して来て一番感激したことは、「四季」があることだと言っていました。彼は窓から見える木々の変化をいつも楽しんでいたようです。

さて、前回の続きで、"I hope" について書きます。今日は「~といい」の表現を「主語は何か?」という点から考えましょう。まず、(希望に含まれている)主語を二つに分けます。
  1. あなた、第三者、人ではないもの

さらに、1を二つに分けます。
A. 希望が私(話者)と関係がないこと
B. 希望が私(話者)と関係があること

1-A の例文。
I hope that it will be sunny tomorrow.       明日は晴れるといい。
I hope that it will not rain tomorrow.        明日は雨が降らないといい。 
I hope that you/he will pass the audition.     あなた/彼がオーディションに受かるといい。
これらの文は動詞のショートフォームで結んだフレーズ(話者の希望)に「と いい」を付けた形です。 単純です。

1-B の例文。
I hope that you give me some advice.   あなたがアドバイスをくれるといい。
I hope that you will like it.          あなたがこれを気に入ってくれるといい。
I hope that she will come early.       彼女が早く来てくれるといい。
「~てくれる」を使うと、相手の行為が「私」にとってありがたい、うれしいという気持ちが表せます。 無くても、文法的に正しいし、問題はありませんが、「くれる」を使った方が気持ちを込めることができます。

では、2の主語が私の場合
I hope to see you again.    (私はあなたに)また会えるといい。
I hope to get a job overseas.   (私は)海外で仕事につけるといい。 
ポイントは「会う」と「つく」が可能形の「会える」と「つける」になることです。 これは可能形じゃないと、間違いです。

それで、先ほどの例文 "I hope that you give me some advice." をちょっと変えて、考えてみます。
「あなたがアドバイスをくれる」を「私」から始まる文に変えると、次のようになります。
(私は)あなたからアドバイスがもらえるといい。
「あなた→くれる」が「私→もらう」になって、「もらう」が可能形の「もらえる」になります。同じ意味ですが、主語が変わると動詞の形が違うんですね。他の二つの文も同じことができます。
(私は)あなたにこれを気に入ってもらえるといい。
(私は)彼女に早く来てもらえるといい。
「~といい」を主語に注意して、正しい動詞を選んで使ってみてください。それから、"I hope so." は「そうだといい」、または「そうなるといい」「そうできるといい」と言うのが簡単かな。反対に、"I hope not." は「そうじゃないといい」、または「そうならないといい」。場合によって使い分けてくださいね。



2015年2月9日月曜日

Haruki Murakami が好きな方へのおすすめ

冬はやっぱり毎日寒いですね。外出するのも寒いと一層疲れてしまいますが、帰宅後の私の楽しみは「村上さんのところ」を読むことです。これは作家の村上春樹(むらかみ はるき)さんがファンからの質問などに答えて、ファンと交流しているサイトです。期間限定なので、楽しめるのは今だけです。
読者からの質問は時々だらだらと長い場合もありますが、村上氏の答えはシンプルで、とても読みやすいと思います。作品に関することから、人生に関すること、いたって普通のことまで、村上氏の色々な面がわかりますよ。

私が今のところ一番好きなやりとりはこれでした。他に笑ってしまうものもいっぱいあります。

2015年1月25日日曜日

"I hope" 第一弾

*English translation

東京では寒い日が続いています。空気がとても冷たいです。でも、この冬はまだ雪がちゃんと降っていません。1月1日に小雪が舞いましたが、それだけです。2月には大雪が降るでしょうか。

さて、日本語の学習を始めて間もなく、外国人が知りたがる表現の一つが "I hope" です。初心者に簡単に教える際に私はとりあえず「~といい」という表現を教えます。ただ、これはとりあえずの表現です。なぜなら、「~といい」は英語の "I hope" と同じようにいつも使えるわけではないからです。例えば、英語でよく言う "I hope you had a good weekend." は日本語にはそのまま訳せないんですよ。それで、今日はこの点について書いてみます。

まず、次の英文を日本語にしましょう。 "I hope it will be warm tomorrow." 
明日はあたたかいといい
「明日はあたたかい」の部分が話し手の希望で、この部分の終わりは動詞の辞書形か、名詞/形容詞の普通形(つまり、ですがない形) にします。「と」は仮定 (if) を意味します。したがって、この日本文の直訳は次のようになります。
"If it is warm tomorrow, it would be good." 
辞書には "hope" の日本語は「望む」や「希望する」とありますが、こんな場合には使われません。
日本語では仮定の表現を使うだけで、話し手の「望み」や「希望」を強く表す言い方はしないんですね。おもしろいです。

では、仮定表現を使った例文をもう少し見ましょう。
"I hope you (will) have a nice trip." これは未来のことについての希望です。
  • 楽しい旅行だといいね。(名詞文)
  • 旅行が楽しいといいね。(形容詞文)
  • 楽しい旅行になるといいね。(動詞文)

次に、現在のことについての希望。"I hope you are having a nice trip."
  • (あなたが) 旅行を楽しんでいるといいな。
この仮定の文は将来のことや現在のことを仮定する (assume) 場合には使えますが、過去のことに対しては使えません。
もともと、仮定の「と」は過去形の動詞を前に取りません。

では、過去のことについての希望はどう言うのでしょうか。"I hope you had a nice trip."
  • 楽しい旅行だった?(名詞文)
  • 旅行は楽しかった?(形容詞文)
  • 旅行楽しんだ?(動詞文)
このように、相手に質問をして楽しかったか、どうかを確認するのがいいでしょう。とっても基本的な文で、簡単ですね。

でも、"I hope" について色々考えていたら、「一筋縄(ひとすじなわ)ではいかない」ことを発見してしまいました! だから、一回では説明しきれないので、数回に分けて書こうと思います。とりあえず、今日のところはここまで。次回、また!





2015年1月3日土曜日

2015年 お正月

明けましておめでとうございます。2015年が始まりましたね。
みなさんの新年の抱負は何ですか?日本語をもっと勉強すると決めた人もきっといますよね。がんばってください!
私の抱負はもっと仕事をがんばること、もっと日本語について考えること、そして(趣味の面では)絵を描くことです。今まで絵は見るばかりだったんですが、今年はクリエイティブになってみようと思います。日常の物事への視点が変わっていく気がしています。

みなさん、今年もよろしくお願いします。
岡本 美奈子 (Minako Okamoto)