2013年2月17日日曜日

そう、らしい、よう、みたい

*English translation

暦(こよみ)の上ではもう春ですが、2月はまだまだ寒いですね。東京も毎日空気が冷たいです。ちなみに、「暦(こよみ)の上では」というのは「カレンダーでは」という意味で、天気のことを話す際に、よく使われます。

前に「そう、らしい、よう、みたい」の説明をしてくださいというリクエストをもらっていたので、今日はこれらについて書きます。私の授業でも時々聞かれる質問です。

まず、この4つの単語を「聞くこと」と「見ること」に分けましょう。「そう①」と「らしい」は「聞くこと」、「そう②」と「よう」と「みたい」は「見ること」になります。

では、「聞くこと―そう①、らしい」から。この2つの違いは「そう」は聞いた情報が確かな場合「らしい」は聞いた情報が不確かな場合と考えましょう。
天気予報を見た後で、その情報を友だちに教える場合:明日は雨が降るそうだよ。(教科書でもよくある例文ですね。) 
うわさを友だちに教える場合:田中さんは会社をやめるらしいよ。 

うわさ程度のことをだれかに伝える場合は「らしい」を使うと覚えれば、この2つの使い分けはそんなに難しくないですね。

次に、「見ること―そう②、よう、みたい」ですが、「よう」と「みたい」は同じだと考えてもいいので、「そう 」と「よう/みたい」を比べてみましょう。
空を見ていて、だんだん雲が広がり、空が暗くなってきた場合:もうすぐ雨が降りそうだね。 (It is likely to rain.)
 これは空を見ながら、雨が降る可能性を推測しています。つまり、今の状態を見て、将来の可能性を考えているのです。次の文もある店の状態を見ながら、先の可能性を推測しています。
いつもお客さんが全然いないのに、営業している店を見ている場合:この店はつぶれそうだね。 (It is likely that this store will close down.)
 
これに対して、今見ていることから何かを判断して、今の様子を伝える時には「よう/みたい」を使います。 次の例は「つぶれそう」という可能性を話しているのではありません。
今、店員がお店の中や品物を片づけているのを見ている場合:この店はつぶれるようだね。(It seems that this store is closing down.)
 
もう一組、例文を比較してみましょう。
友だちが毎日たくさん勉強しているのを見ている場合:彼はテストに合格しそうだね。(He is likely to pass an exam.) (将来の可能性の推測) 
テストの後、友だちがとても喜んでいるのを見た場合:彼はテストに合格したみたいだね。 (It seems that he has passed an exam.) (今見ている状態から判断し、今の状態を結論づける
 
最後に、これらの単語を実際に日本人がどうやって使い分けているかを紹介します。このブログを書く前に、私はどんな説明がいいかを考えていました。その時に、歴史の本には「確かな情報や不確かな情報、そして、ある状態を見て判断したこと」がたくさん書いてあることに気が付きました。それで、いくつかの文をある歴史研究の本(*1)から引用します。「三菱(みつびし)」という日本の会社はみなさんも知っていますね?この会社の創始者・岩崎弥太郎(いわさき やたろう)の子ども時代の話をここで引用します。

弥太郎が生まれた岩崎家は高知県安芸市(こうちけん あきし)に現存します。わらぶき屋根の簡素な家で、地位は武士(ぶし/さむらい)の身分を失った元武士でした。(これは事実です。)
岩崎家の生活は苦しかったようだ。 (著者が上の状態から判断したことですね。)
 
弥太郎は昼夜の別なく、 激しく泣きわめく癇の強い赤ん坊で、母の美和も困り果てたらしい(これは事実かもしれませんが、人から人へうわさのように伝わったことでしょう。)
  
 岩崎家には小さい庭があって、 そこには庭石がふしぎな形で置かれています。(事実です。)
これは日本列島をかたどったものだそうだ。居ながらにして日本全土を俯瞰(ふかん)しようと、弥太郎が自らつくったという 
(実際にその庭石が残っていることから、日本の地図を作ったという事実は100%確かじゃなくても、ある程度確かだと考えてもいいかもしれませんね。「という」は「そうだ」と「らしい」の間と言えるかな。確かとも不確かとも言えます。)
私たちは弥太郎が成長して達成した偉業と、子ども時代、貧しさに負けず一生懸命勉強したことを知っているので、「やはり彼が若い時から日本全体を視野に入れて、成功することを夢見ていた」と信じたいのですね。だから、最後の文はうそか本当かわからなくても、今まで伝わってきていることなのです。


註)そう①:any short form+そう、そう②:ます形+そう
*1 『岩崎弥太郎と三菱四代』、河合敦、幻冬舎新書、2010年


この投稿には続きがあります。興味がある方は「かわいそう―"She looks pretty" doesn't exist in Japanese.」も読んでみてください。
 

7 件のコメント:

Lili さんのコメント...

そう、らしい、ようについて教えてくれてありがとうございました。とてもわかりやすい説明ですね。先生はすごい!又、私はみなこさんのブログへリンクすれば、自分のブログでこの記事をフランスに翻訳してもいいですか。フランス人の学生にとって、役に立つと思いますから。

Minako Okamoto さんのコメント...

Lili san, いつも読んでくれてありがとう。ぜひ、今回もフランス語に訳してみてください!
ところで、今日東京は雪と強風で本当に寒かったですよ。

Ben さんのコメント...

本当に分かりやすい説明です。ありがとうございます!

Minako Okamoto さんのコメント...

Ben san,
ありがとう。そう言ってもらえて、うれしいです。
何か質問があれば、ここで教えてくださいね。

Afi さんのコメント...

Hello,
thank you for your great explanation of japanese language topics!
Concerning the usage of らしい I have a question - in my textbook I found combinations like 子供らしい or 春らしい. It seems that this doesn't fit in the usage you explained. (In the textbook 春らしい was opposed to 春みたい). Is this another kind of usage of らしい?
ケルン(ドイツ)からよろしく。
アンドレアス

Minako Okamoto さんのコメント...

アンドレアスさん、ドイツからコメントありがとうございます。

そうですね、この投稿で「子どもらしい」や「春らしい」の「らしい」の使い方については書きませんでした。

「名詞+らしい」の意味は「トピックがその名詞の特徴を強く持っている」ということです。

例えば、今日(4月9日)東京の気温は22度で、暖かくて、青空で、きれいな花々が咲いています。
「春の特徴」がたくさんある日です。こんな場合に、「今日は春らしい日です。」と言います。

これに対して、「春みたい」は本当は2月の冬の日だけど、急に暖かくなった場合に使います。冬だけど、春の感じがあるという意味です。

それで、「子どもらしい」は子どもに対して使いますが、「子どもみたい」はchildishな大人に使います。

ただ、実際は多くの日本人がこの違いを気にしないで、使っています。「Xらしい」も「Xみたい」も「X-like」として使われることが多いです。

Afi さんのコメント...

丁寧な説明をありがとう