2017年10月22日日曜日

I don't know. は「わからない」か「知らない」か?

今日は台風がせまっている日本です。台風が来る前から、一週間以上ずっと東京では雨が降っています。普通は雨の音が好きですが、毎日毎日聞いていると、この音も嫌になり、外へ出るたびに濡れるのにもうんざりしています。さわやかな秋晴れの空が恋しいです。

さて、多くの人は今回のテーマを見て、「やっと書くか!」と思っているかもしれません。日本語の勉強を始めてすぐ、「わかりません」="I don't understand." と習ったのに、「わかりません」は "I don't know." としても使われているんじゃないか?どっちが正しいの?みなさん、こう疑問に思ったことがあるはずです。説明が遅くなって、すみません。。。

まずは簡単な点から入りましょう。"understand" については、以下のように考えていいと思います。
I understand. =わかる。(理解している)
I don't understand. =わからない。(理解していない)
複雑なことは "I know." と "I don't know." に対して、「わかる」と「知っている」、「わからない」と「知らない」が使えることです。だから、どっちを使えばいいの?と迷ってしまうんですね。

まず、「知る」は情報を得るということで、「知っている」は情報を持っているという状態を指します。
"I know him." や "I know this restaurant." と言う場合、彼について、またはレストランについて情報があるという意味なので、日本語では次のようになります。
(私は)彼を知っている
(私は)このレストランを知っている
あるトピックについて聞いた/見た/読んだことがある場合は「知っている」を使えばいいと思います。「表面的な情報」があるということです。

一方、"I know what you mean." や "I know how you feel." と言う場合は、私も同じことを経験したから、あなたの気持ちが理解できるという意味が入っていますね。これは「表面的な情報」ではなく、「深さ」が感じられます。そんな場合は「わかる」を使うといいと思います。
(私はあなたの)言いたいことがわかる
(私はあなたの)気持ちがわかる
次の例を比べてみましょう。
① Do you know where he lives? → No, I don't know. 
② Do you know what you are doing? → Yes, I do.  
① 彼がどこに住んでいるか、知っている? → ううん、知らない
② 自分が何をしているか、わかっているの? → うん、わかっている
①には「表面的な情報の有無」だけ、②には「深さ」がありますよね?

では、「情報があるか、ないか」という視点を持って次の例を考えてみましょう。
③このニュースを知っている? → うん、知っている。(情報がある)/ううん、知らない。(情報がない
簡単ですね。
では、次の例はどうでしょうか。
④この辺に駅がありますか? → はい、あります。(駅が近くにあることを知っている)/いいえ、ありません。(駅が近くにないことを知っている)
答えが「はい」でも「いいえ」でも、駅の場所についての情報があるということになります。
そして、もう一つの答えの選択肢は「わかりません」。 これは "I don't understand your question." ではなくて、"I don't know if there is a station nearby." という意味です。それなら、情報がないのだから、「知りません」と答えた方がいいじゃないか?という疑問がわきます。
④この辺に駅がありますか? → さあ、知りませんね
この答えはまちがいではないと思います。ただ、日本人は普通「さあ、わかりませんね。」と言うでしょう。それはなぜか?「知りません」を使うと、「私はその情報がない」と冷たく答えている印象があります。これに対して、「わかりません」を使うと、「駅は近くにあるかもしれないけど、調べていないから、またはこの辺の地理に詳しくないから、答えられない・・・」などという意味が含まれていると思います。「知りません!」(I have no information!) という代わりに、「わかりません」と言って、やんわり「No」と言っているのでしょうか。「魚が好きですか?→魚はちょっと・・・」と言ったり、「明日飲みに行かない?→明日はちょっと難しいな・・・」と言ったりして、はっきり「No」と言わない表現と似ているのかもしれません。

もう一つの例で答えの印象の違いを見てみましょう。
⑤(あなたは)今週末、何をするの? → 知らない。(この質問に関心がない感じ
⑤(あなたは)今週末、何をするの? → わからない。(予定をまだ決めていないから、今は答えられない
最後に、「わからない」と「知らない」の使い分けの簡単なポイントを書きます。"I don't know." の答え方で迷ったら、聞かれた質問の形に注目してください。
  1. ~を知っている?」と聞かれたら(①)、「知らない」で答える。
  2. ~がわかる/わかっている?」と聞かれたら(②)、「わからない」で答える。
  3. "Do you know?" という部分がない質問を聞かれたら(③と④と⑤)、「わからない」で答える。
相手の質問をよく聞いて、それに合わせて答えることは、この場合に限らず大切なポイントです!