2012年9月30日日曜日

料理の言葉

みなさんは料理が好きですか?私は料理が好きで、よくしています。忙しい日にはかんたんな物しか作りませんが、忙しい時こそ、料理をすると気分転換になります。そして、休日には今までは買っていたジャムやパスタなども最近は自分でよく作っています。
大学生の時には、当時の英語の先生からアメリカの料理の本 "joy of cooking" をもらって、それを読むのが大好きでした。そのレシピを読みながら、アメリカの食卓風景を想像していました。今の私はぜったい日本料理の方が好きですが、当時は異文化に触れている感じが楽しかったのですね。それに、料理本を読むのは英語のいい勉強方法でした。

それで、今日は料理の動詞について書こうと思います。
焼き肉、焼き鳥、焼き魚、焼きおにぎり、お好み焼き、鉄板焼き、たまご焼きなど。
 
上記の料理は定番料理。みなさん、食べたことがあるでしょう。「焼き」は ここで "grill/ broil" 。

また、オーブンでケーキを焼く (bake) も、オーブンでチキンを焼く (roast) も、トースターでパンを焼く (toast) も、全部「焼く」が使えます。

「焼く」の定義は「食材に火に当てて、熱を通し食べられるようにする」なので、料理方法が幅広いのです。

でも、焼きそば、焼きうどんの実際の料理方法は「炒める/いためる」 (stir-fry) ですが、名前には「焼き」が付いています。ご飯を炒めて作るチャーハンは漢字で炒飯です。

炒める」という料理法が油を少量使うのに対して、「揚げる/あげる」場合は大量の油の中に食材を落として調理します。鶏のから揚げ、串揚げ、天ぷら、とんかつなどですね。

油っぽい料理が苦手な人は蒸し物を食べるといいでしょう。食材に湯気を当てて、火を通して、「蒸す/むす」 (steam) ので油を使いません。茶わん蒸しや、肉まんがいい例です。そして、日本の夏の不快な「蒸し暑さ」も料理の「蒸す」と同じ状態のようですね。

「焼く」は広範囲に使える動詞ですが、反対に細かい分類がある調理方法を紹介します。まず、水を温めて、お湯にすることは「沸かす/わかす」 (boil) です。「お湯を沸かす」と言います。(注意:「水を沸かす」ではない。)
次に、水またはお湯の中に食材を入れて、火を通すことは「ゆでる」です。うどんや枝豆をゆでる。これは、食材に火を通すというのが目的です。
でも、だしやスープなど味の付いている液体の中に食材を入れて、味を付けるという目的がある場合には「煮る/にる」を使います。野菜の煮物、煮魚など。日本料理にはだし、しょうゆ、砂糖などで味付けし、煮る料理が多いですね。
今、「ゆでたまご」と「煮たまご」の違いがわかりますね?

最後に、日本人にとっての特別な食材「お米」の調理法は何でしょう?米を「炊く/たく」。「炊く」はお米についてのみ使われます。(西日本では「煮る」と同じように使われることもある。)お米を炊く時に使う便利な機器は「炊飯器/すいはんき」。日本人の必需品ですね。

今はおいしい秋の食べ物がたくさん出ていますから、秋の味覚を味わってください。

7 件のコメント:

Lili さんのコメント...

とても面白い記事ですね。ありがとうございました。私はみなこさんのブログへリンクすれば、自分のブログでこの記事をフランスに翻訳してもいいですか。どう思いますか。

minako okamoto さんのコメント...

Liliさん、お元気ですか?
どうぞフランス語に訳してください。私も読んでみたいです。実はフランス語を前に勉強したことがあって、話すより読む方が簡単なので、私にも少しはわかると思います。

Lili さんのコメント...

こんにちは

今日は翻訳を発表しました。よかったら、読んでみてください。
ところで、みなこおかもとさんの名前は漢字でどう書けばいいですか。

minako okamoto さんのコメント...

Lili san,
わ~ すごいです!ありがとう。後でゆっくりフランス語の翻訳を読んでみます。

私の名前の漢字は「岡本 美奈子」です。

匿名 さんのコメント...

thanks for sharing...

minako okamoto さんのコメント...

どういたしまして!

ジョン さんのコメント...

すばらしいです。僕は料理が下手なわけで、料理に関する言葉の違いがわからなかったりします。このように丁寧に説明してもらえるととてもわかりやすくてありがたいです。