2019年8月31日土曜日

「~ようにする」と「~うとする」は同じ?

今日は8月31日。今年の8月も暑かった!!来年の東京オリンピックは大丈夫かなと本気で心配になってしまいます。今までは暑い日でも早朝は涼しくて、早起きするのが気持ちよかったのですが、今年は夜中も早朝もずっと暑いままで、さわやかな時間がありませんでした。

では、早速今日のレッスンを始めましょう。多くの方の長年の疑問、「~ようにする」と「~うとする」について考えてみます。英語ではどちらでも "try to" と訳せる場合が多いので、混乱しますよね。
  1. ~ようにする目的を達成するために、習慣的な行動の変化を起こす。
  2. ~うとする習慣的な行動には言及していない。今何かをする意志がある。「~う」は volitional form 。
上の基本の意味をもとに、例文を見ましょう。
  1. 先月まで7時に起きていたが、最近は6時に起きるようにしている
  2. 昨晩、悪い夢を見たので、今、忘れようとしている
1の文は、「6時に起きる」という新しい習慣を作るために毎日努力しているという意味です。2の文は、悪い夢を忘れたいという今の行為です。

もう一つ例を見ましょう。これは、"Read Real Japanese" (*1) という本にある「百物語」から見つけました。ある家族の女性たちは「一人で寝なければならない」という規則があって、奥さんたちはどうしているのか?という疑問に答える文です。
夫(おっと)に寝姿(ねすがた)を見せぬようにして来たのでしょう。
「見せぬ」=「見せない」ですから、「妻たちは夫に寝ているところを見せない」という習慣を昔からずっと続けているという意味です。"Read Real Japanese" の中では次のように訳されています。
they must have kept their husmands from seeing them asleep.
 一方、この話を聞いた青年は今一緒にいる女の子の寝姿を見るのが怖くなります。これから何が起きるのかわかりません。
安西は動こうとしたが動けぬ自分を感じた。馬鹿なと笑おうとしたが、頬がひきつっただけだった。
安西(あんざい)は怖くなったので、逃げたくなりましたが、体が動かなかった。そして、信じられないという気持ちで自分に笑いたかったが、笑えなかった。つまり、「体を動かす、笑う」という意志があったけど、できなかったという意味です。"Read Real Japanese" の中の訳は次のとおりです。
tried to move, only to find himself immobile. this is ridiculous, he thought, and trid to laugh, but his cheeks jus stiffened.
どうでしょうか?違いを感じられますか?そして、「~うとする」は安西の文のように過去形をよく使います。 その時に何かをする意思があったが、実行できなかった場合です。
ご飯を食べようとした時、携帯が鳴って、食べられなかった。
意志が電話にじゃまされたということです。 そして、再確認ですが、これは習慣的な行動ではないですね。

では、次は似ている文を比べてみます。
  • 私は英語が上手になりたいから、外国人の同僚とできるだけ英語で話すようにしている
  • (今、外国人が山田さんに話しかけている。)山田さんは英語で話そうとしている
この二つはわかりやすい例だと思います。習慣的な行動と、今だけの行動。

でも、最後にわかりにくい例を見せます。「~うとする」が今だけの意志を表すのではなくて、継続的な意志を表す場合です。
  • 彼はたばこをやめようとしている
  • 私は今まで親切な人じゃなかった。今は良い人になろうとしている
  • 彼女はやせようとしている
上のように、「たばこ(習慣)をやめる」「良い人になる」「やせる」ということは瞬間的に実現することではありません。目標を達成するまでにある程度の時間が必要で、意志が続いていることになります
それで、これらの文は習慣的に努力をしているという意味の「~ようにする」に似ています。だから、「毎日6時に起きようとしている。」と言えるか、という疑問がわきます。でも、この文には違和感があります。「毎朝きちんと朝食を食べようとしている。」や「できるだけ子どもと遊ぼうとしている。」なども変な感じがします。おそらく、「6時に起きる」「朝食を食べる」「子どもと遊ぶ」などがそれだけでは継続的な行為を意味しないからではないでしょうか。その場合、「6時に起きよう」という意向形 (volitional form) はその時だけの行為を表しているため、「毎朝6時に起きるようにしている。」という文の方が正しいのだと思います。私の結論です。


*1 Michael Emmerich ed., Read Real Japanese - Short Stories by Contemporary Writers. Kodansha International, 2008.

0 件のコメント: