2016年10月24日月曜日

「たら」と「なら」の違い

皆さん、お久しぶりです。また忙しいのを言い訳にして、全然ブログを書いていませんでした。。。その間に季節がすっかり変わってしまいましたね。今月は初めて自分の日本語レッスンとは違う日本語のプログラムに参加することができて、とてもいい経験になりました。いつも同じことをしていると、何となく怠けてしまうこともありますが、別の人たちと仕事をすると、緊張もしましたし、変化も面白いし、気分が引き締まりました。

さて、今日は仮定の「たら」と「なら」を考えてみましょう。日本語の仮定は色々表現があって、複雑ですよね。その違いを考えると、かなり細かいルールがあります。でも、「たら」と「なら」の差は単純だと思います。
基本的に「た形」を使う表現は「た形」の動詞が完了しているという意味があります。これを忘れないでください。例えば、
毎朝、会社に着い(A)後で、朝ごはんを食べる(B)。
昨日、朝ごはんを食べ(A)後で、ジムに行った(B)。 
Aの動作「会社に着く」 または「朝ごはんを食べる」が完了してから、Bの動作「朝ごはんを食べる」または「ジムに行く」という動作を行います。Bの動詞の時制は現在形も過去形も使えるのですが、Aの動詞はいつも「た形」(過去形)を使いますね。そこには完了の意味が含まれているからです。
他にも「~時」「~ことがある」「~ばかり」「~ところ」など全て、完了の意味があります。

そして、「動詞(A)たら、動詞(B)」の場合も同じです。
そこを右に曲がっら、駅がある。
雨が降っら、家で映画を見よう。
京都に行っら、きれいな庭が見たい。
山田さんが来ら、田中さんは帰るでしょう。
私がブラジルに引っ越しら、遊びに来てください。
駅に着いら、あなたに電話をします。 
最初の動詞(A)は全て「た形」で、それが終わった後で動詞Bをする、または動詞Bが起こる。つまり、動詞(A)と動詞(B)は時間的に順番通りに並んでいます。Aが最初、Bが次。

これに対して、「動詞(A)なら、動詞(B)」は時間的順序が逆になります。Bが最初、Aが次
たばこを吸う(A)なら、喫煙室に行ってください(B)。
「たばこを吸う」というのは条件ですが、時間的順序を考えると、まず、喫煙室に行って、その後でたばこを吸いますね。
(あなたが)日本に来るなら、その予定を(私に)教えてね。 
これも同じです。「あなたが日本に来る前に、その予定を教えてください」という意味です。
(あなたが)日本に来ら、予定を(私に)教えてね。
これは、時間的順序に従って、「日本に着いた後で、予定を教える」という意味で、前の文とは異なります。

ただ、行動の動詞ではなく、状態の動詞や形容詞の場合は行動ではなく、状態を示すことになるので、時間的順序という考え方はなくなります。
この服がもっと安かったら、買うのにな・・・
子どもがいるなら、ディズニーランドは楽しいと思う。 
このブログを読んでいる方たちはこのくらいのことは知っているかなあという気もしますが、質問があれば、聞いてください。

2016年10月9日日曜日

日本語教師募集

日本語教師募集のお知らせ。
新しいウェブサイトができましたので、是非ご覧ください。興味のある方からのご連絡をお待ちしています!

http://recruit.privatejapaneselesson.com/