2015年4月9日木曜日

Every day is 毎日, but every child is NOT 毎こども

*English translation

東京ではあっという間の桜の時期が終わったかと思ったら、急に寒くなって昨日はみぞれが降りましたね。まったく春らしくないですが、春の天気は不安定なものです。
みなさんは今年の桜を楽しみましたか?

さて、今日のテーマは「毎」と "every"の考察です。「毎日」「毎週」などは簡単で便利な単語なので、日本語の教科書の最初の方に出てきますよね。でも、実は「毎=every 」とは限らないことを知っていますか?上級者の方たちはきっと気が付いているでしょうね。
毎:その時はいつも
every: regular occurrence at specified intervals
「毎=every 」と訳せるのはこの定義が一致する場合のみです。ご存知のように、日 (every day)、朝 (every morning)、年 (every year)、回 (every time) など「時」を表す場合に「毎」を前に付けることができます。他には食 (every meal)、試合 (every match) のように "every time"の意味があれば、「毎」を使えるという訳です。

また、"every five minutes" は「5分毎(ごと)」になります。他の時間の場合も同じようにできます。

では、他の場合は?英語の辞書(Oxford Advanced Learner's Dictionary)の定義と例文を見ながら、考えていきます。
every: refer to groups of three or more which are seen as wholes
「個々の集団を全体として見る」ということなので、 「全て」「全部」「みんな」などの言葉を使うといいと思います。次の例文を訳してみます。(私の訳なので、他の訳し方もあるでしょう。)
  • Every child in the class passed the examination. このクラスの子どもたちはみんな試験に合格した。
  • I've got every record she has ever made.  彼女が今までに作った(出した)レコードを全て持っている。
または、「どの~も」という言い方もできます。
  • クラスのどの子どもたちも試験に合格した。
  • 彼女が出したどのレコードも持っている。/彼女が出したレコードはどれも持っている。

次に "each" の意味と重なる "every" はどうなるでしょうか?
every/each: every person, thing, group etc. considered individually
「二つ以上の物や人の一つ一つ」に焦点を当てる場合は、「それぞれ」や「一~一~」が合うと思います。

  • He enjoyed every minute of his holiday.  彼は休みの一分一分を楽しんだ。 (日本語だと、「一秒一秒」の方が自然です。)
  • They were watching her every movement.  彼たちは彼女の動きを一つ一つ見ていた。
  • Each of us has a company car.  私たちはそれぞれ、会社の車を持っている。
  • He gave us 5 pounds each.  彼は私たち一人一人に5ポンドをくれた。/彼は私たちに5ポンドずつくれた。

毎年春に咲く桜は日本人にとって大切なものです。それはただの花ではなく、時の流れや人生の変化などを強く感じさせるものです。一つ一つの小さな花は人生の一秒一秒にも似ていると私は思います。桜は日本中のどの町にも植えてあるので、どこに住んでいても、日本人は桜とともに成長しているのです。