2014年8月6日水曜日

平和への詩

今日8月6日は広島の原爆記念日です。1945年の今日、広島に原爆が落とされました。そして、8月9日は長崎の原爆記念日、8月15日は終戦記念日です。
戦争を体験した日本人女性が戦後に書いた詩を紹介します。

「わたしが 一番きれいだったとき」   茨木のり子(いばらぎ のりこ)
わたしが 一番きれいだったとき 
街々はがらがら崩れていって とんでもないところから
青空なんかが見えたりした

わたしが 一番きれいだったとき
まわりの人達が沢山死んだ
工場で 海で 名もない島で
わたしはお洒落(おしゃれ)のきっかけを落としてしまった 

 わたしが 一番きれいだったとき 
だれもやさしい贈物を捧げてはくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて
きれいな眼差(まなざし)だけを残し 皆発っていった
   
わたしが 一番きれいだったとき
わたしの頭はからっぽで
わたしの心はかたくなで
手足ばかりが栗色に光った

わたしが 一番きれいだったとき  
わたしの国は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか
ブラウスの腕をまくり 卑屈な(ひくつな)町をのし歩いた

わたしが 一番きれいだったとき  
ラジオからジャズが溢れた(あふれた)
禁煙を破ったときのように
くらくらしながら
私は異国の甘い音楽をむさぼった 

わたしが 一番きれいだったとき 
わたしはとてもふしあわせ
わたしはとてもとんちんかん
わたしは めっぽうさびしかった

だから決めた できれば長生きすることに
年をとってから凄く(すごく)美しい絵を描いた 
フランスのルオー爺さん(じいさん)のようにね




*ふりがなは私が付けました。

2 件のコメント:

Jerfareza Daviano さんのコメント...

岡本さん、

お久しぶりです!

戦争はすごく恐ろしいことだと思います。どんな国でも一番目苦しむ人達は文民ですよね。でも、そんなことはやっぱり人間の人性のようです。

ちなみに、この8月17日はインドネシアの独立日、知っていますか?歴史はたまに暗いですが未来なら世界が平和へ進んでいると信じています。

Minako Okamoto さんのコメント...

Jerfareza san,
お返事遅くなりました。先週は夏休みでタイに行きました。初めての東南アジアの国でいろいろなことにびっくりしましたよ!

国のエゴで行われる戦争で、たった一度しかないだれかの人生がめちゃめちゃになってしまうのは許せないことです。