2013年6月16日日曜日

雨の季節

このところ、東京の天気は雨が降ったり、止んだり、晴れたりしていますが、湿度はずっと高いですね。湿度が高くなると、不快指数も高くなるのですが、朝夕などのしっとりした空気感が私は好きです。湿気に慣れない外国人にはつらい季節かもしれませんが、今は梅雨ですから、雨が降って当たり前。この雨のおかげで、日本の山も田畑も潤うのですから、雨を嫌なものと思わず、日本の風土や文化の一部だと思ってくださいね。

日本は雨の国ですから、雨に関する言葉が多いのもみなさんは知っていますね。
例えば、「梅雨」(つゆ)。これは中国語も同じです。どうして「梅」の雨なのかというと、梅の実がなる頃に降る雨だからです。
2月に梅の花が咲いていた木を見ると、今は梅の実がついていますよ。まだ緑のもあれば、もう黄色くなって下に落ちているのもあります。
また「五月雨」(さみだれ)という単語もあります。陰暦で五月は今の六月。それで梅雨の頃に降る雨の呼び名です。 
そして、その雨がやんで、晴れ間が出ると、「五月晴れ」(さつきばれ)と言います。 「梅雨晴れ」は別の名前ですが、こちらがよく使われるでしょう。
なぜなら、「五月晴れ」は違う使い方もあるからです。現在の五月のさわやかな晴れの日という意味です。
二つの単語が重なっていますが、梅雨の合間の晴れは「梅雨晴れ」で、五月のさわやかな晴れは「五月晴れ」という使い方が最近では主流です。
やっと「梅雨」が終わって、晴れることは「梅雨明け」です。辞書によると、 「梅雨晴れ」とも言います。  
気象庁が「梅雨明け」宣言をすると、ニュースや天気予報がそれを報じて、日本各地で本格的な暑さが始まりますね。天気予報を日本語で見ている/聞いている人はこれらの言葉がよくわかるはずです。

ちなみに、もう一つ「五月」(さつき)を使った単語を紹介します。「五月闇」(さつきやみ)です。「闇」は "darkness" 。さつき、つまり陰暦の五月(今の六月)の夜は「一年の中で特に暗い夜」とされています。梅雨時で空に雲がかかっているので、月が出ない。それで、「さつきの夜は暗い」ことから「さつきやみ」という表現が生まれたのだそうです。
現代の世の中では電気の明かりがない夜を想像することさえ難しいですが、月明かりがない上に、湿って重い墨のような暗さを表す美しい表現だと思います。

今にも雨が降りそうな神戸

参考文献:『ことばの歳時記』、金田一春彦、新潮文庫、平成17年。


2013年6月9日日曜日

韓国

先週末 お隣の国、韓国はソウルに行って来ました。ソウルは東京から飛行機で2時間で行けますし、時差もないことから、週末の旅行が日本人の女性たちに人気です。私は約20年ぶりにソウルを訪れました。20年前の様子はあまり覚えていないので、今回この町の規模にびっくりしました!東京よりも人と車が多くて、建物も大きくて高い!東京は全体的に横に広がっている町ですが、ソウルはせまい面積に多くが集まっているので、自分がいる場所だけを見ると、東京より大きい町にいるような感じがしました。

そして、読めないハングル文字が町中に氾濫しているので、それに圧倒されました。ここ数年の私の海外渡航歴をさかのぼってみると、アメリカ、南アフリカ、フランスに行きました。アメリカと南アフリカは英語圏なので、問題なし。フランス語はほとんどわかりませんが、見慣れているアルファベットなので文字に圧倒されることはありません。
読めない文字に囲まれると、何だか不安になりますね。それと同時に不思議な感じもします。なぜなら、同じものを見ていても、私には全く意味をなさない文字が他の人たちには言葉として何かの情報を与えている。文字を知っているか知らないかで、町の風景がちがうものに見えているのですね。私はそういう体験を久々にしましたが、日本にいる外国人は日々そう感じていますよね。

???の韓国語


話すことに関しては、レストランやお店の人は日本語ができる人が多くて、あまり困りませんでした。日本と韓国はそれぞれ独自の文字を生み出しましたが、文法は類似点が大変多いと言われています。距離においても、歴史的な関係においても近い国ですから、言語も似ているのでしょう。漢字が基にある単語は発音も似ています。

よく生徒たちに「私は〇〇人だけど、私の国の人たちは日本語を学ぶのが早い?」とか、「どの国の人が一番早く日本語を学べるの?」などと聞かれます。そして、私は「韓国人は日本語が上手になるのがとても早いです。でも、韓国以外の国の人たちはみんな同じで、あなたがどのぐらい勉強するかによって、進歩は違います。」と答えます。

韓国人はびっくりする程早く日本語を話せるようになります。文法が似ているという点から、文を作る思考も共通点が多いのでしょうね。多少の間違いはあっても、すらすらと日本語が出てきます。ただ、話すことのレベルの高さに比べて、日本語を書くのは苦手なようです。濁点(゛)や促音(っ)の使い方が韓国語と日本語では違うのでしょう。

韓国人が日本語を早く学べるということは、日本人も韓国語を早く学べるということですね。他の外国語よりは比較的簡単なのだと思います。日本語が上手なみなさんなら、韓国語の勉強も楽しめるのではないでしょうか。

坂の町 ソウル