2011年12月23日金曜日

良いお年を

わー、もう年末ですね。クリスマス休みが始まった人も多いでしょうね。2011年は日本にとって厳しい年でしたね。地震、津波、原発の被害のために苦しい思いをしている方が大勢いますし、自然の脅威には勝てないのだという事実を目の当たりにしました。また、原子力発電という当然のように利用していた物への疑問や今後のあり方を考えざるを得なくなりました。あの大きな地震の揺れと、止められない津波の威力、失ったものの大きさ、放射能の不安を通して、日本人はみんな今までとは違う目で「生きること」を見るようになったと思います。 みなさんの一年はどうでしたか?いい年でしたか?

さて、今日は「いい」をキーワードに書いてみます。もちろん、いい=good, nice, ok の使い方は知っていますね。普通、「いい」は好意的な意味として使われています。Facebook の日本語版では "like" が「いいね」となっています。たしかに、この"like" を「好き」と訳してしまうのは変なので、いいね」が適訳です。

しかし「いい」は好意的な使い方だけではなく、「皮肉」や「非難」を込めた言い方でもよく使われています。今から、いくつかの例を紹介します。
約束を何回も破った人が言い訳ばかり言っています。
そんな時、こう言い返したくなりますね。
  • 言い訳はもういい
この意味は「あなたの言い訳はもう聞きたくない。もう必要ない。」ということ。この「いい」には皮肉/非難が含まれています。  
「これはいい」も似ている使い方です。
クリスマスプレゼントをたくさん選んでいる時に、こんな風に言うかもしれません。
  • これとこれとこれを買うけど、これはいいや。
ここで「これはいい」= "This is good." ではありません。
「これは必要ない」という意味ですが、皮肉/非難の感じはありません
でも、「これはいい」= "This is good." の場合もあるので、文脈や場面、話し手の言い方を理解してはじめて、本当の意味がわかります。
他には、「迷惑」など、決して「いい」ものではない単語に「いい」を付ける場合もあります。
年末だからって、隣の人は毎晩パーティーをするので、うるさい。
  • 本当にいい迷惑だよ!
「いい」がなくても、文が成り立ちますが、「いい」を付けると、皮肉/非難が強まります
「いい年」という表現もあります。ここで「年」=年齢のことです。その年齢にふさわしくないことをしている場合に使われます。
  • 山田さんは30才。でも、彼はいい年して、まだ一度も 働いたことがない。
「30才なら働いているべき。20才の大学生なら、遊んでいていいけど、30才はそれほど若くないよ」という意味です。皮肉/非難がたっぷりです
最後に「いい加減」を紹介しましょう。加減=状態、程度なので、文字どおり訳すと、「いい加減」=程良い。でも、こちらの意味で使われることは少なく、主に皮肉/非難を込めた使い方になります。
いい加減な人=無責任な人
  • 彼はいつまでたっても貸したお金を返してくれない。いい加減な人だ。 
  • 彼女に仕事を頼むと、いつも間違えが多い。彼女はいい加減に仕事をしている。
気を配らずに、適当に何かをするという意味です。

ただ、「いい加減にして」は「いい」の2つの意味が混じっている感じがあります。
文句ばかり言っている友人に対して、いらいらした場合。 
  • 文句はいい加減にして
これには「程良いところでやめてください+いつまで文句を言っているんですか?(皮肉/非難)」の2つが表わされているような気がします。 
 たくさん例があって、長くなってしまいましたが、 「いい」には否定的な使い方があることはわかってもらえましたか?英語でも "That's great." を「すごい!」という意味ではなく、嫌みたっぷりで使うことがありますよね。ですから「いい」という単語を聞いても/見ても、それが必ずしも "good or nice" ではないことを覚えておいて、文脈の中で意味を確認してみてください

では、これが今年最後の投稿となります。今年、私のブログを読んでくれた方たちに感謝します。みなさんの日本語への興味がもっと高まるよう、来年もおもしろいテーマを探すつもりです。質問もお待ちしています。

Merry Christmas !  そして、良いお正月を迎えてくださいね。