2010年7月8日木曜日

ドラマ『日本人の知らない日本語』

NYも、モスクワも、パリも、ローマもとても暑いと聞きました。東京はとてもむし暑い日が続いています。 ワールドカップはオランダ対スペインの決勝戦を残すのみ。どちらが勝つんでしょうね?熱い試合になりそうですね。

ところで、来週から日本語と、日本語教師と日本語を学ぶ外国人をテーマにしたドラマが始まります。

『日本人の知らない日本語』 日本テレビ、7/15(木)スタート、毎週木曜日 11:58pm~

原作は『日本人の知らない日本語』という本です。日本語を勉強する外国人が「この日本語は何?」「なぜ?」と思っても、日本人が説明できないことがある。それを、テレビドラマでは日本語学校の教師と楽しい外国人生徒たちのやりとりで描くようです。

ドラマの中の外国人がみなさんと同じ質問をしているかもしれませんよ。そして、先生は質問にどんな説明をするのか、興味があります。

テレビと言えば、最近テレビでよく見るある日本人の女性がいます。彼女は結婚したばかりで、いつも彼女のご主人について話をしているのですが、その日本語が私はすごく気になります。なぜなら、彼女は自分の夫に対して、いつも「尊敬語」を使っているからです。「彼が・・・・・とおっしゃいました」とか、「彼がいらっしゃいました」とか、「彼が・・・してくださいました」など。

家族外の人と話す時は、「家族外の人を尊敬して、敬語を使う」。でも、自分の家族の一員は「身内」ですから、「身内に対して敬語は使わない」。これは教科書にも書いてあるルールですよね。また、仕事の場合なら、社外の人と話す時は「社外の人に対して、敬語」、同りょうは自分の会社の人だから、「身内」になるので、「同りょうに対して敬語は使わない」

敬語は日本人にとっても難しいですが、間違えて使うと、やっぱり恥ずかしいですよね。日本語が上手な皆さん、彼女に敬語の使い方を教えてあげてください!