2009年7月19日日曜日

2009年 夏

暑中お見舞い申し上げます。
東京は先週梅雨が明けて、毎日暑い日が続いています。暑さが苦手の私は疲れています。日本に住んでいる方や、日本に来たことがある方は知っていると思いますが、日本の夏はすごく蒸し暑くて、体が重くなってしまいます。でも、夏には夏休みや海、花火、盆踊り、スイカなど、夏らしいものがたくさんあって、楽しい季節ですね。

ところで、昨夜おもしろいテレビを偶然見つけました。NHK教育テレビ(関東では3チャンネル)の『シャキーン』という番組です。子供向け番組ですが、大人も楽しめる内容です。毎朝7:00~7:15に放送しています。再放送は水曜日19:25~19:45と、日曜日0:25~0:45です。
番組全部はおもしろいのですが、特に「まわりくどいTV」というコーナーが楽しかったです。日本語の勉強にもなります。

「まわりくどい」の意味は「直接的でなくて、遠まわしで、わずらわしい」こと。つまり、「物事をはっきり言わないで、あいまいな表現を使うので、理解するのがめんどうくさい」ということです。ですから、「まわりくどいTV」では、ある外国人男性(日本語が上手)がすごくまわりくどい文章を日本語で話して、聞き手の日本人が何を意味するかを考える。そして、別の日本人がそのまわりくどい文章を簡単な言葉で言い換える。例えば、昨夜の例はちょっと忘れてしまいましたが、次のようなものでした。
  • まわりくどい文章: 私と同じ親から生まれた年下の女性が 同じ母親から同時に生まれた二人の子を 連れて来ました。

  • 簡単な文章: 私の妹が 双子を 連れて来ました。

では、これはどうですか?私が作った文です。

  1. この夏、エンジンを使って空を飛ぶ乗り物で 自分の国ではない他の国へ 見物や保養をしに行ってきます

  2. 夏の夜、木綿で作った着物を着て、火薬を固めた物に火をつけて、破裂させ、音や光を楽しむものに行きます。

  3. 6月頃に降り続く長雨が終わってから 8月8日頃までに 友人や知り合いに手紙を出して、元気がどうかたずねます。これは日本では 昔から行われていて、そうすることが決まりの様になっていることの一つです。

みなさんも夏に色々な予定があると思います。どうぞ楽しんでくださいね。でも、海や山での事故も多いですから、くれぐれも気をつけて!


5 件のコメント:

Jonathan さんのコメント...

僕ってファーストのようですね。さて、頑張って回りくどい言い方を解いてみましょう。

(1) この夏、ヘリコプターで 外国(異国)へ 観光(?)をしに行ってきます。

(2) 夏の夜、浴衣(?)を着て、花火を見に行きます。

(3) 梅雨が終わってから 8月8日頃までに 暑中お見舞いをします(?)。これは日本では 伝統の一つです。

これでいかがでしょうか。

minako okamoto さんのコメント...

Jonathan, いつもコメントありがとう。
(1)の「観光」以外は正解です!おしいんですが、観光の目的は見物なので、保養も含むものは何でしょう?
それから、私の回りくどい文章に間違いがありました。もちろん、プロペラが付いている乗り物はヘリコプターですよね。でも、私は「飛行機」のつもりで書いたんです。現在の飛行機はジェット・エンジンで動いていますよね。プロペラ機は昔の話ですね。すみませんでした・・・

Jonathan さんのコメント...

考えてみましたが・・・よくわかりません。何の言葉でしょうか。

minako okamoto さんのコメント...

答えは「旅行」です。オンライン辞書には次のように書いてあります。http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/204367/m0u/%E6%97%85%E8%A1%8C/

夏休みはどこかへ旅行しますか?私はフランスに行って来ます。

Jonathan さんのコメント...

げっ! _| ̄|○
「旅行」だったんですね。
僕、バカみたいです。〈笑〉
思考は別の方向に――

まあ、いい勉強になりました。